THE LITTLE ESCAPE

とあるイラストレーターのイギリスワーホリと留学についてのブログ

{ イギリス } ビザ申請料金とNHS料金の返金リクエストをした話と注意点 / YMSビザ申請トラブル

f:id:kimix:20180203133016p:plain

こんにちは、イラストレーターのkimixです。

以前、YMSビザ申請に関してこんな記事を書きました。

急遽窓口申請の日程を変更したところ不手際で(?)変更できず、キャンセルも出来ず、にっちもさっちもいかなくなってしまったお話です。

【YMSビザ申請の流れ】

  1. 抽選に応募
  2. 当選
  3. オンライン申請
  4. ビザ申請料金の支払い ←支払ったぞ!?
  5. 窓口申請日予約 ←今ココ
  6. 窓口申請(書類持参)
  7. 審査・受理
  8. YMSビザGET

窓口申請日の再予約をする際に支払い済みのビザ申請料金と国民健康保険料(IHS)は返金されるのか?というのが今回のテーマ。

ビザ申請料金とNHS料金の返金リクエストをしましたが…

窓口ビザ申請の日程が急遽変更となり、ビザ申請サイトで変更をしたのですが変更できてない!ということがありました。

その後、一度全てキャンセルしようと思い、既に支払っていた「ビザ申請料金」と「IHS料金」の返金リクエストを行いましたが…

なぜか返金リクエストボタンをクリックしても機能せずにっちもさっちもいかなくなってしまいました。

【解決】パソコンとブラウザが問題だった!

Macユーザーは気をつけて!

何度もイギリス政府の問合せフォームで問合せた結果、「使用しているパソコン」「ブラウザの問題」だということがわかりました。

ビザ申請サイトは基本的にWindowsInternet Explorerが推奨されているようなので、Macを利用している方は気をつけてください

ChromeSafariは対応してないそうです!

そしてChromeSafariといったブラウザを使っている方も要注意です。

MacChromeSafariを使って画面を開きましたが「Refund Request(返金リクエスト)」ボタンを押しても画面は全く反応しませんでした。


ちなみに私の場合、今回の申請時にこの対応PC・対応ブラウザを知らなかったのでMacBookChromeを使っていました。そのため画面やボタンが上手く機能していなかったようです。

ダメ元でFirefoxというブラウザでサイトにログインし、ボタンを押したところ、やっと申請完了画面に飛ぶことができました。

対応ブラウザとかもちゃんと調べておかないといけないんですね。。。ひやひやもんです。




返金リクエストを送信してから2週間後、やっと受理メールが届く

f:id:kimix:20180208084544p:plain
10月27日に返金リクエストを送信し、たしかに完了画面に遷移しましたが、その後メールも何も来なかったので「本当に申請が受理されているの…?」と心配になっていました。

そして、11月8日、ついに申請受理のメールを受信!

f:id:kimix:20180208094126p:plain

受理されるまで12日…

実に約2週間かかりました。

このメールは”受理”されただけ

  • リクエストを受け付けたよ〜!受理したよ〜!
  • ビザ申請料金は28日営業日以内、IHS料金は90日営業日以内に返金するよ。
  • 再度またリクエストとかしないでね。返金まで余計に時間かかっちゃうよ。

このメールの内容は訳すと↑のような感じ。

つまり、お知らせされただけでまだ「返金」されていません…。

  • ビザ申請料金:28日営業日以内
  • IHS料金:90日営業日以内

とのことなので、ともかく最大90日(3ヶ月)経たないとホッとできないということですね。。

無事返金されたらまた更新したいとおもいます〜。


11月下旬には渡英する予定なので向こうで返金を確認することになるのかなあ(・_・;)心配だ〜〜。

まとめ①ビザ申請はパソコンとブラウザに注意!

  • ビザ申請するときは使用するパソコンに注意

まとめ②実際の返金スケジュールはこうだった

  • 9月25日:日程変更
    • 英語で問合せやりとり
    • いくら返金リクエストボタンを押しても画面が反応しないトラブル
  • 10月27日:無事、返金リクエストを送信→完了画面
  • 11月8日:返金リクエストの受理メールを受信
  • 2〜3月:返金されました

こんなかんじでした。

:::::: 2018年追記 ::::::

2016年の渡英前、自分の調べた結果をまとめたくて思考の整理をしたくて、この記事を書きました。

イギリスのビザ申請って複雑なのに情報が全然まとまってなくて本当に苦戦したのを覚えています。

これからイギリスに渡る皆さんにとって、わたしのトラブルが、この記事が、お役に立てますように!



それではそれでは〜。


\ 読者登録・フォローお待ちしております /

スマホの音声入力で、要らない服をメルカリで売ってみたらものすごく快適だった話 / 断捨離・片付け

こんにちは、イラストレーターのkimixです。

帰国したらやりたいやりたいと思っていたこと、「要らない服をまとめる」「メルカリで売る」をついに達成できました。




要らない服をまとめたらゴミ袋が3つもでた

f:id:kimix:20180206172754p:plain

帰国とともに実家に帰り、年齢もアラサーなのでクローゼットにある服たちを一掃しました。

そうしたらなんとまあゴミ袋3袋分もでちゃいました……!

年齢的に着れないワンピースや、パーソナルカラーや骨格に合ってない色・シルエットの服などをひたすら断捨離。

「着る」or「着ない/着れない」でぽいぽい仕分け。

「着る」はひとまとめにしたあと畳んでクローゼットかチェストに戻す。

「着ない/着れない」は何も考えず綺麗なゴミ袋へ。

やはり定期的にクローゼットを見直さないとどんどん溜まっていきますね。

人に売れるか・売れないかで仕分け

f:id:kimix:20180206172812p:plain
不要だなあと思った洋服を「1,000円で人に売れるか?」もしくは「自分ならお金を出して買うか?」という基準でさらに仕分け。

「売れなさそう」と思ったものはそのまま破棄。

「売れそう」と思ったものは一つずつ写真撮影。

洋服などは「メルカリ」へ

撮影したものはフリマアプリの「メルカリ」にポンポン売りに出します。

本やCDなら「メルカリ・カウル」がオススメ

本やCDなんかはバーコードを読みるだけで情報入力まで済ませてくれる「メルカリ・カウル」が便利でした。

音声入力でメルカリに出品してみた

f:id:kimix:20180206172835p:plain

出品のなにが面倒くさいかって、、入力事項を埋めるのが本当に面倒くさいんですよね。

(写真撮影もなかなか面倒ですがまあこれは仕方ない。)

とりあえず入力しなきゃ出品できないし何も始まらない…ってときに思いついたのが「音声入力」です。

iPhoneに向かって話しかけるだけで文字を入力してくれる標準機能。

ちなみに、特別なアプリなどいりません!

キーボードにあるマイクマークを押すだけでOK。

iPhoneくんはたまに誤変換とかしちゃいますがそこはご愛嬌ということで…

とはいっても、かなり精度が高いです。すごく快適・便利でした。

具体的な使い方

タイトルなら
「◯◯の膝丈ワンピース・ホワイト」

詳細文なら
「◯年前に購入した◯◯の膝丈ワンピースです。ノースリーブで色味はホワイト。カーディガンに合わせたら春・夏にピッタリです。数回着用しましたがキズ汚れなどは特になく美品です。」

などこんな感じでiPhoneに向かってペラペラとひたすら語りかけます。

メルカリで販売するの面倒くさいんだよな〜〜って方はぜひ一度試してみてはいかがでしょうか?

人生変わりますよ!!

(Androidでも音声入力できます)



さて、まだまだ出品したものは売れていませんが、とりあえず出品までできた!というところが大進歩だ〜。

小さく小さくやりたいことや夢を叶えていきましょ。


それでは〜


世界一幸せな国、北欧デンマークのシンプルで豊かな暮らし

世界一幸せな国、北欧デンマークのシンプルで豊かな暮らし

\ 読者登録・フォローお待ちしております /

{ イギリスワーホリ } YMSビザ申請でトラブル発生。窓口申請日の再予約と返金はできるのか?

f:id:kimix:20180204041409p:plain

こんにちは、イラストレーターのkimixです。

YMSビザでイギリスに渡航しようと準備を進めていたある日、大問題が発生しました…。

今回は今後どなたかの役に立つかもしれないので、その時のトラブル話をしたいと思います。

窓口申請日の予約を変更したつもりが…

他国のワーホリビザとは異なり、YMSビザの取得・申請には何段階かステップがあります。(狭き門な上に割りと複雑&申請までに2〜3ヶ月かかります)

▼簡単に書くとこんな感じ。

【YMSビザ申請の流れ】

  1. 抽選に応募
  2. 当選
  3. オンライン申請
  4. ビザ申請料金の支払い
  5. 窓口申請日予約 ←今ココ
  6. 窓口申請(書類持参)
  7. 審査・受理
  8. YMSビザGET

わたしは2016年の9月頭に無事オンライン申請を済ませ、9月下旬にビザセンターで申請書を提出するべく予約を取ったのですが…

急遽諸事情で予約日に申請できないことが決まり、当日の早朝に申請日程をオンライン画面で別日に変更しました。


親族の不幸という本当に急な事情だったのでどうすることもできず

「当日だったけどオンラインで変更できた!よかった〜!」と思っていたのですが

後日、「新しい日程で窓口申請の予約をしよう!」とビザ申請サイトを確認してみたところ……

なんと画面の表記が前回予約したの日程のままになっていました。


あれ??日程変更したよね????

当初予約していた日程を過ぎたからなのか、オンライン画面から以前はあった「変更ボタン」が消えており「キャンセルボタン」も消えていました。

つまり、一度確定した日程は一切変更できないということ…?


これは………どういうことなの………(焦り)

わたし日程変更したと思うんだけど……

いや、あの時すごく焦ってたしちゃんと日程変更確定ページまで確認した自信ない…(ぐるぐるぐる)



冷静に考えて、わたしが「予約した日程に来館してない失礼な奴」という状態ですよね。。

もう大パニックになって調べに調べてその日は昼から朝4時前までパソコンとにらめっこしていました。(問合せ窓口は休日のためお休み)

時間や日程にはかなり厳しいYMSビザの申請、これはビザ破棄の可能性も…?どうしよう。。



ん!?ビザ破棄になったりしたら

申請したときに支払った申請料金はどうなるの!?!?!


ビザ申請料金はどうなるのか?

【YMSビザ申請の流れ】

  1. 抽選に応募
  2. 当選
  3. オンライン申請
  4. ビザ申請料金の支払い ←支払ったぞ!?
  5. 窓口申請日予約 ←今ココ
  6. 窓口申請(書類持参)
  7. 審査・受理
  8. YMSビザGET

YMSビザをオンラインで申請する際に、「ビザ申請料金の支払い」をしなくてはなりません。

その額は約7〜8万円ほど。(イギリスの国民健康保険+ビザ申請料金)

【オンライン申請で支払った料金】

  • IHS(国民健康保険料):£300(約42,000円)
  • ビザ申請料金:£230(約31,000円)

この支払いを済ませてから、晴れて窓口申請日の予約を行うことが出来ます。

そして今回、わたしは支払いが済んだのにも関わらず窓口申請もできない宙ぶらりんな状態。


解決策・対応情報とその方法

f:id:kimix:20180204043534p:plain

さて、ここからは私がパニックになりながらも調べに調べ上げた

窓口申請の日程変更・キャンセル・返金に関しての対応方法の情報を紹介したいと思います。


【解決策①】予約日の24時間前なら日程変更・キャンセル・返金が可能

POINT
  • 予約日の24時間前であれば⭕
  • 私のパターンではNG❌

完全にこれはわたしの調査不足でした。

予約した窓口申請日の24時間前であれば日程変更・キャンセルが可能なんだそうです。
▶参考:UK Visa Information - Japan - User Pay Services


f:id:kimix:20180204043625p:plain
▶参考:http://www.vfsglobal.co.uk/japan/japanese/pdf/Requesting_a_Refund.pdf

返金についてもここに表記されている通りに進めたら大丈夫です。

私のパターンではNG❌

現在、わたしは24時間を経過してしまっているので“View Appointment”のページには行けるものの、③「“Cancel Appointment”」というボタンが表示されておらずキャンセルできない状況です。

上記にあげた参考サイトは記載されていませんがなぜか“View Payment”には行くことができ「”Request Refund”」のボタンは表示されています………が、

手順通りに来館予約(Appointment)はキャンセルせず、申請料金(Payment)は返金リクエスト(Request Refund)していいのだろうか…。。。


【解決策②】ビザ申請センターで払い戻し可能?!

POINT
  • 予約を完全に取消したい⭕
  • 私のパターンではNG❌

f:id:kimix:20180204045702p:plain
▶参考:UK Visa Information - Japan - User Pay Services

Q.Overseas citizenship applicationの予約を設定した後に、払い戻しは可能ですか?
A.いいえ。一度予約を設定してしまうと、オンラインでの払い戻し手続きは出来きなくなります。オンラインから払い戻し手続きをする為には、予約のキャンセルを行って下さい。または、ビザ申請センターにて払い戻し手続きが可能です。

注目すべき点はこの3点。

  • 一度予約をするとオンラインでの払戻し手続き不可
  • オンラインで払戻ししたければ予約のキャンセル必須
  • ビザ申請センターで払戻し手続きが可能
一度予約をするとオンラインでの払戻し手続き不可

→まさにこの地獄にハマっています。

オンラインで払戻ししたければ予約のキャンセル必須

→わたしは予約のキャンセルができない状態なので❌

予約日の24時間以前であればキャンセルもで返金もできたのでしょう。

ビザ申請センターで払戻し手続きが可能

→一度ビザセンターに駆け込めばお金を返してもらえるのか………!?!!?!


ですがビザ申請を完全に取り消したいのではなく、私は申請書を出したいのです…!!

あたまをぐるぐる悩ませすぎて絶望感でいっぱいでした。


悩みに悩んだ末のわたしの対応方法

①一度申請窓口に行き、払戻を受け、再度ゼロから申請する。

  1. 申請窓口に予約をする(どうやって…!?)
  2. 窓口に行き返金してもらう
  3. オンラインでビザ申請書の作り直し
  4. 再支払い
  5. 再来館予約

キャンセル・払い戻しをするために、ビザ申請センターの予約を取って来館し、再度ビザ申請するためにまた申請書を作り直して、再支払いもして、来館予約をするのか???

いったい全体これは可能なのか?

(超複雑なうえに絶対混乱するし再度申請して良いのか確証もない)

(そもそもビザ申請窓口に予約が取れない状況→ふりだしに戻る)

②払戻リクエストをして、ゼロから申請し、再度申請料金を支払う。

  1. オンラインで返金処理希望を出す(受理されるのか?)
  2. しんらんぷりして新しいIDを取得
  3. オンラインでビザ申請書の作り直し
  4. 再支払い(計15万の出費が痛い…)
  5. 再来館予約

もしくは、現在のIDで支払った料金のRequest Refundだけして、新しくビザ申請書類を作り直し(作り直すとまた新しくIDが振られます)、再度申請料金を支払い、ビザ申請センターに行ったときに前回のキャンセルを行うのか…????

もう謎は深まるばかり。。。というか再度申請できるのかな。。。(泣)


オンライン申請で支払った料金

【オンライン申請で支払った料金】

  • IHS(国民健康保険料):£300(約42,000円)
  • ビザ申請料金:£230(約31,000円)

ここでおさらいです。この2つの料金、約73,000円を申請時に支払いました。
しかも1つずつ個別に支払っています。

しかしオンライン画面にある「Request Refund」という返金リクエストボタンは1つだけ。


「返金リクエストは‥…‥1つだけ……!?」

このボタン押すと両方返金されるのかな?

それともIHSだけなのかな…?

ビザ申請料金はそのまま持ってかれちゃうのかな………!?




イギリスワーホリ・YMSビザ申請センターの問合せ先

f:id:kimix:20180204054247p:plain

もうこれは直接聞いたほうが早いのでは!と思いビザ申請センターについて調べたんですが

住所ばかりで電話番号やメールアドレスって全然出てこないんですね。

大使館じゃなくてビザ申請センターの方は、ほんと全ッ然みつかりません。


調べに調べ、やっとみつけました。

イギリスビザ申請センターの電話番号・住所

  • 東京
    • 〒105-0021 東京都港区東新橋2-3-14 エディフィチオトーコー4F
  • 大阪
    • 〒542-0081 大阪府大阪市中央区南船場2-4-1 美貴ビル6F
  • ヘルプライン
    • 日本からのお問い合わせ - 03-5623-3669
    • 海外からのお問い合わせ - 0081-3-5623-3669

こう記載されているサイトもありましたが
一方で英語の公式サイトでは↓のような表記も。

Japan Telephone

  • Opening times: 8:00am - 4:00pm (Japan time)
  • You can call us on:0 03-4578-9221
  • If you would prefer to dial a UK number direct please call:00 44 1243 218 097

This is a paid service and there is a cost of £1.37 UK Sterling per minute in addition to your standard network charges. Please have a valid credit or debit card ready to process your payment. We can accept MasterCard credit and debit cards, and Visa credit and debit cards. You will not be charged until you are connected to an adviser. Calls may be recorded for training purposes. We are able to handle your calls in English or Japanese.
https://ukvi-international.faq-help.com/

電話番号違うじゃん…………!!!!!!


英語表記の方は海外のコールセンターに繋がるのでしょうか。。

そのまんまの直訳ですが…注意書きはこんな感じ。

  • 1分につき£1.37かかる。
  • MASTARかVISAのクレジットカードもしくはデビッドを用意してから電話すること。
  • コールセンターに繋がるまで課金されることはない。
  • 会話は訓練のために録音される可能性もあり。
  • 英語か日本語での応対が可能。


日本語でビザ申請について聞けるなら…

1分185円も高くないよね…!

いやめっちゃ高いけど……!!!



問合せフォームは日本語で入力しよう

f:id:kimix:20180204052436p:plain


▼英語のサイトですが、このお問合せフォームに日本語で入力したら英語で回答が返ってくるとのことです。
https://ukvi-international.faq-help.com/

日本語で質問するのになんで英語で返ってくるんだろう…?

でも赤字で注意書されてるくらいだから日本語で書かないといけないのでしょう………。



英語の返信って解読できるか不安だけど、一度連絡してみるべきだわ。。

ちなみ電話もメールも平日のみ対応のようです。

▶参考:2018年度Youth Mobility Scheme申請方法・申請書類 - イギリスYMSワーキングホリデー





本当どうなるか怖いんですが問合せてみないとわからないですよね><

こういった経験談が全く見当たらなかったので不安で仕方ないです。

ああ、、怖いことになってしまった、、

どうにかなるかな〜〜〜〜〜〜〜〜;;;;




:::::: 2016年11月8日追記 ::::::

ビザの再申請が完了しました!

この記事を書いたのは2016年9月25日。

この約1ヶ月後の10月28日、なんと!ついに!新橋にあるビザセンターで正式に申請してきました。

手こずっていた返金リクエストは無事ボタンを押すことができ、本日無事に受理されたというメールが届きました。よかった〜〜〜〜〜

▶返金リクエストについての詳細はまた追記します!



問合せについて

調べに調べまくった問合せですが、高い料金通話料を覚悟で上に記載した電話番号に電話したところ英語で外国人男性が出られまして……

あ、、、、無理だ、と察知。

英語が話せない私はおとなしく問い合わせフォームで問合せることに。

日本語で質問事項を書いて送れば、フォームに記入したメールアドレスに英語で返答をいただけました。

そこで何度かやりとりをして

「オンラインで返金リクエストを送れば期日内に返金するので、新しいApplicationを作成して再度記入し、再度支払い、ビザセンターへの再予約行えば大丈夫」ということが判明。

ほっと胸をなでおろし、全てゼロからスタートし、窓口申請の再予約をしました。

【YMSビザ申請の流れ】

  1. 抽選に応募
  2. 当選
  3. オンライン申請
  4. ビザ申請料金の支払い
  5. 窓口申請日予約
  6. 窓口申請(書類持参)
  7. 審査・受理 ←今ココ
  8. YMSビザGET

そしてビザセンターで最終申請をし、ビザが正式に発行されるかどうかそわそわしているところです。

結論

Q.ビザ申請で問題発生。申請の再予約はできるのか…!?
A.できました!!!!




:::::: 2018年追記 ::::::

2016年の渡英前、自分の調べた結果をまとめたくて思考の整理をしたくて、この記事を書きました。

イギリスのビザ申請って複雑なのに情報が全然まとまってなくて本当に苦戦したのを覚えています。

これからイギリスに渡る皆さんにとって、わたしのトラブルが、この記事が、お役に立てますように!



それではそれでは〜。




三十路だけどロンドン暮らし

三十路だけどロンドン暮らし


\ 読者登録・フォローお待ちしております /

20万PVありがとうございます!2017年によく読まれた記事TOP5は◯◯系でした。

f:id:kimix:20180203034243p:plain

こんにちは、イラストレーターのkimixです。

2017年の総括は今度更新するとして今日はブログに関するまとめを行いたいと思います。

2017年はイギリスで暮らした1年の記録を更新しました

f:id:kimix:20180203132910p:plain
2016年の11月からイギリスで暮らし、2017年12月末に日本へ帰国するという1年でした。

このブログでは、そんなイギリスでの日々のことや楽しかったこと苦悩などなど

ビザの手続き、留学に関すること、旅のこと…

雑多となりますがいろいろと発信していました。

20万PV超、ありがとうございます

f:id:kimix:20180203133016p:plain
基本的にSNSでは発信せずkimixが密かに更新するブログにしようと思っておりまして全くシェアなどしていなかったのですが、

おかげさまで読者さんも増え、なんと2017年の1年間で20万PVを超えておりました。

わ〜〜〜本当にありがとうございます…!

月に2・3回更新するかしないかというペースでしたがきちんとGoogle Analyticsを見てみたらたくさんの方に見ていただけたようでビックリです。

少しでもお役に立てれば幸いです。

ということで2017年によく読まれた記事を紹介したいと思います〜

ぜひ見てみてくださいね。

2017年によく読まれた記事TOP5

5位:【2017年版】イギリスで見つけた日本人の髪に合うおすすめシャンプーと体験談まとめ

kimix.hatenablog.com

イギリスへ渡る前からずっと不安で検索しまくっていた知識と現地で試しまくった感想をまとめました。

よく読まれてるということはみんなも同じ悩みを抱えてるのかしら。

4位:【理想のデスク計画】イームズのアームシェルチェアを安く買う方法とオススメshopのご紹介

kimix.hatenablog.com

根強い人気を誇るイームズのチェア。高いんですが安く買う方法を書きました。このチェアは今でもお気に入りです^^

3位:はてなブログのデザインをシンプルにカスタマイズするためにやった10のこと

kimix.hatenablog.com

まさかのカスタマイズ記事がランクイン。はてなブログのカスタマイズって需要があるんですね。これからはコードも付けて公開してみようかな?

2位:【理想のデスク計画】IKEAでパソコンデスクを作るのにおすすめな商品と値段を調べてみました

kimix.hatenablog.com

理想のデスクを作るべく、調べ上げた結果IKEAで購入したら安く完成できる!という結果に至った記事です。

IKEA需要もあるんですね〜!

1位:{ お金の知識 } 貯金がしたいので定期預金についていろいろ調べてみた

kimix.hatenablog.com

2013年に書いた記事なんですが根強い人気を誇っております。

社会人になって人生で初めて「定期預金」と「資産運用」について調べました。

初心者向けの記事です〜。みんなで貯金頑張ろう〜

まとめ

自分で困ったこと(海外でのシャンプー問題)分からなかったこと(お金とか)を調べてその知識をまとめた記事(◯◯を調べてみた系)や、自分の中にあるTIPSを書いた記事(ブログカスタマイズ系)が人気みたいですね。


2018年はもう少しブログを更新していきたいなあ。

あ、そういえば実はブログ名が変わりました。(帰国しましたしね)

読む人が「ちょっと現実からESCAPEできるようなワクワク・ドキドキを伝えるライフスタイルブログ」にできたらいいなあと思ってこのブログ名にしました。

読者さんが、夜、寝る前に読んで明日が未来がわくわくできるそんな記事をお届けしたいです。




2018年もお楽しみに!

それでは〜