きみとイギリス暮らし

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きみとイギリス暮らし

イラストレーターkimixのイギリス留学&ワーホリブログ

海外では主流?髪にハイライトを入れる道具がトラウマレベルに怖い件について…

f:id:kimix:20170510071131j:plain

海外で暮らしているとよく見かけるんです、こんな感じでハイライトがきれいに入った髪をしている人を。

根本が暗い色をしているのを見て分かる通り、どうやらイギリス人たちも地毛はブロンドヘアなわけではなく、ヘアカラーをしているそうなんです。

すごいなーわざわざハイライトをきれいに入れてて(ほんと街歩いてると10人中8人くらいはこのヘアカラー)みんな美容院でかなりお金かけてるんだろうな〜って思ってました。



思ってました……。



f:id:kimix:20170510071123j:plain

こ…これは…?

前回、自分で髪を染めるためにインターネットで検索していたらたまたま見つけてしまったこの商品。。


f:id:kimix:20170510071455j:plain

こっちみて笑ってる……


f:id:kimix:20170510071515j:plain

どうやらビニール製のキャップだけでなく、シリコン製の物もあるようです。

結構人気商品なのかな……


f:id:kimix:20170510071523j:plain

キャップには穴が無数に空いているのでそこから髪を引っ張り出して染めるようです。

細く綺麗にナチュラルなハイライトが入れられるよ!と宣伝されてました。

これ失敗しないのかな……



f:id:kimix:20170510071941j:plain

f:id:kimix:20170510071952j:plain


てか何よりも見た目からはただただヤバイ感じしかしない。

Youtubeにもアップしてる人いるけど勇者だよ…

こんな姿、人前に晒すなんてすごいよ……



あれ…

なんか小さい頃、こんな人形が怖かった思い出が………



http://up.gc-img.net/post_img/2016/03/fLiVPfy1kPeI8Jh_CW3qx_108.jpeg

これだ…!!!!!



http://blogs.ubc.ca/brunocharal/files/2016/01/Babyface.jpg

トイ・ストーリーに出てくる赤ちゃん+クモのおもちゃ…。

これにそっくりじゃないですか…?

http://blogs.ubc.ca/brunocharal/files/2016/01/BabyheadWoody.png

http://cdn.mamamia.com.au/wp/wp-content/uploads/2016/04/07072342/2015-08-20_16-20-14-600x302.jpg

幼いころトイ・ストーリーを映画館で観ていたとき、大画面に突如として現れたこの人形たちにトラウマを植え付けられた記憶が蘇ってきました。。。

https://japanhubdotcom.files.wordpress.com/2013/11/halloween-baby.jpg

今見ても怖い。


f:id:kimix:20170510072300p:plain

f:id:kimix:20170510072323p:plain

(似てる……)


も、もしかしてわたしが知らないだけで日本でもメジャーだっったりするんですかね、このキャップ。。

ぜひ教えてください…



手慣れた手つきでオシャレなお姉さんがHow ToをYouTubeに載せているので一応載せておきます…。

(この人は成功してますが失敗してるYoutubeも見つかりました…)


以上、イギリス便りでした〜


海外でプリンになった髪の毛を、自分で染めてみた話

f:id:kimix:20170505054631j:plain

こんにちは、kimixです。

12月から始まったイギリス暮らしももう5ヶ月が経ちました。

これだけ日が経つと、ずっと気になっていたんですよね……

そう、、プリン状態の髪の毛を。。

でもわたしが住んでいるのは日本人美容師が多く住むロンドンではない地方都市…美容室に行けない…!

と、いうことで自分で染めてみちゃいました。


f:id:kimix:20170505064113j:plain:w400

バーン!いきなりですがビフォー・アフターです。

いい感じのブラウンになった!わ〜い!

ということで自分でのセルフカラーの方法・染め方を解説したいと思います!

全体の流れ

  1. ドラッグストアでカラー剤を調達する。
  2. カラーに必要な小物を用意する。
  3. 説明書をよく読む。
  4. A剤とB剤を混ぜ、よく振る。
  5. 髪に塗る。
  6. 1時間待つ。
  7. シャワーで流す。
  8. トリートメントをする。

全体の流れを書き出してみました(ちょっと細かすぎましたかね…)だいたいこんな感じです。

セルフヘアカラーについて検索してみてもあまり体験談が無く、海外のヘアカラー使ったら髪の毛溶けちゃうんじゃないか…?とか不安でドキドキだったのでわたしのブログでは1個ずつ丁寧に解説しますね。

①ドラッグストアでカラー剤を調達する。

http://i.dailymail.co.uk/i/pix/2014/08/06/article-2718137-1F9228F000000578-431_634x398.jpg

イギリスで有名なドラッグストアといえば「Boots(ブーツ)「Superdrug(スーパードラッグ)が挙げられます。

http://www.constructmedia.co.uk/wp-content/uploads/2010/10/View04_resize.jpg


この2つのドラッグストアは日本で言うならば「マツキヨ」や「ウェルシア」みたいな感じのお店。

プチプラコスメからお薬からシャンプーなどなど色々手に入ります。

1つの街にこの2つはだいたいあるのでぜひ行ってみてください。


f:id:kimix:20170505055127j:plain

イギリスのセルフカラー剤は種類が多く、こんな感じでズラ〜ッと棚に並べられています。

「こんなにあったらどれを選んでいいかわからないよ…」と困惑していましたが

なにやら「GARNIER(ガルニエ)という商品がアジア人も安心して使えるという話を聞いたので試しに買ってみることにしました。


f:id:kimix:20170505054631j:plain

今回購入したのはGARNIERの7.3番です。

パッケージは金髪ブロンドヘア!!!という雰囲気ですが安心してください、こんな風にはなりません。

お値段は 2 for £9 というセールやっていたため、2つ買って£9でした。(1,260円くらい)

②カラーに必要な小物を用意する。

f:id:kimix:20170505061003p:plain

付いてくるもの

  • A:染める液
  • B:染める液
  • C:トリートメント
  • ビニール手袋

箱を開けるとこの4点がついてきます。

これだけで染められる〜!と思うかもしれませんが他にも用意しましょう。

自分で用意すると良いもの

  • ブラシ付きのクシ
  • 汚れよけケープ
  • シャワーキャップ

▼こういったブラシがついてるとより良いと思います。
ヘアダイブラシ K-60 ブラック

▼汚れよけケープ。これがないと服や身体について大変なことに。
Y.S.PARK シャンプーケープ&ティントケープ (シャンプー&ヘアカラー用) ワイエスパーク (グレー)

▼シャワーキャップは湿布後の待機時間中に頭に被ります。
シャワーキャップ 100枚


はい、以上の3点はイギリスの100均「£1 SHOP」で購入することが可能です。(pound worldやpound shopやら)

https://www.thesun.co.uk/wp-content/uploads/2016/12/nintchdbpict000287349647.jpg?w=960&strip=all


あとオシャレなしまむら+GU的ショップ、「PRIMARK」にも安く売っています。

https://www.primark.com/~/media/images/primark/stores/primark%20shop/new%20northampton%20primark%20store.ashx


Bootsにも売ってますがちょっと割高なので安くGETして使い捨てしましょう。

ちなみに…代用もできるよ

ブラシ付きクシ
→わたしはクシを使わず適当に湿布しましたがムラにもならず大丈夫でした!

汚れよけケープ
→ケープが見つからなかったのでスーパーのレジ袋をカットして首〜肩周りに巻きつけました。こちらも割りと大丈夫。

シャワーキャップ
→わたしは持っていたのでシャワーキャップを使いましたが、YouTubeで外国人のセルフカラー動画をみると頭にスーパーの袋を巻きつけている人もいます。

f:id:kimix:20170505071637p:plain

なのでこちらもスーパーの袋で代用できるかも。(ちょっと衝撃的な姿ですが…笑)

③説明書をよく読む。

ずいぶんと長い記事になりそうですね…

はい、ここで説明書はよく読んでおいてください。

注意事項、カラーA剤とB剤の混ぜ方、セルフカラーの塗り方などが書かれています。

④A剤とB剤を混ぜ、よく振る。

http://4.bp.blogspot.com/_NwQtJRkWjdo/TQ4x4UjjpUI/AAAAAAAAGds/QntvJiyMnO4/s1600/Garnier-Nutrisse-Creme-How-.jpg

B剤のキャップをはずしたらチューブに付いてる内蓋を取り、再度キャップを締めます。こうすることでチューブの口に穴が空きます。

その後、B剤チューブをA剤のボトルに入れ、30秒ほどシェイク

最後にA剤のキャップについてるスナップを折り、髪に塗ります。




⑤髪に塗る。

https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSypt_bhck00Lg_3Yopeeg4b0xXxXhq-xrC_mmblZNCx7vWChWJ

説明書にはプリンを無くしたいか(リタッチ)、全体を染めたいかによって塗り方が違うよ〜と書かれています。

今回は全体を染めたかったのでそちらを紹介します。

説明書を読んでいて日本と違うなーと思ったので注意してください!

①根本から塗る

②その後、毛先を塗る

根本を塗り終えてから、毛先を塗りましょう〜。

https://dy6g3i6a1660s.cloudfront.net/1cUcmlcnTN5k667BU-YZ4APUAoo/orig.jpg

クシを用意しなかったので海外流にこんな感じでガッシガッシ塗っていきます。

⑥1時間待つ。

https://2.bp.blogspot.com/-wE865g6ejWQ/Vy8v2Sz94XI/AAAAAAAAIIU/XqIEL7S1oFcKFddVmZMVE6zQ82ZACA0XwCLcB/s1600/cover-hair-shower-cap.jpg

ここで髪をひとまとめにし、シャワーキャップをかぶります。

説明書には「25〜35分待ったら流してね」と書かれていますが

我々アジア人の髪は染まりにくいという事前情報があったので、湿布開始から1時間待機しました

⑦シャワーで流す。

http://www.rd.com/wp-content/uploads/sites/2/2016/10/05_tricks_make_hair_color_last_longer_chill_shower_Choreograph.jpg

ここでまた注意です!

シャンプーはしません。

お湯で流すだけです!


⑧トリートメントをする。

付属のトリートメントをつけたら2・3分おいてから、流しましょう。

ちなみにシャンプーは48時間後が望ましいようです!

シャンプーの記事でも書いた通り、イギリスの水は硬水のためカラーが抜けやすいです。

なのでカラーが定着してからシャンプーをしないと取れやすいみたい。

こんな感じになりました

f:id:kimix:20170505064011j:plain:w400

洗い流してすぐに写真を撮ってみました。

f:id:kimix:20170505054631j:plain:w400

こんなに金髪パッケージだったのに!!!!

噂通りちゃんとブラウンになってる……!!感動……!

ビフォー・アフター

f:id:kimix:20170505064113j:plain:w400

黒染めしてイギリスに来た&地毛が真っ黒なのでこんなビフォー・アフターになりました。

かなりしっかり色が入っていますよね(^^)

外で撮ってみた

f:id:kimix:20170505064228j:plain:w400

(毛先が傷んでいますが…)

かなり退色しキラキラになっていた髪の毛に綺麗なブラウンが入ったと思います!


まとめ

GARNIERの7.3番を使って染めるといい感じのブラウンになるよ!というお話でした。

▼アジア人がGARNIERを使って黒髪からブラウンヘアーにチェンジするよ!というYouTube

How to dye your hair from BLACK to BROWN

▼こちらは黒髪ロングヘアのアジア人がLOREALのセルフカラー剤をつかってブラウンにするよ!というYouTube

How To Dye Black Hair to Brown (without bleaching) - very light ash blonde | Emily

どちらも参考になるのでぜひ見てみてください〜!



おまけ:一連のツイート





こんな記事も書いてます

イギリスで見つけた日本人の髪に合うおすすめシャンプーと体験談まとめ

Pisco Sour made with glacial ice

イギリスは硬水の国

みなさん硬水・軟水ってご存知ですか?なんとなく聞いたことある〜って人も多いかと思います。

硬水と軟水の違い
水には主にカルシウムイオンとマグネシウムイオンが含まれていて、水1000ml中に溶けているカルシウムとマグネシウムの量を表わした数値を「硬度」といいます。 WHO(世界保健機関)の基準では、硬度が120mg/l以下を「軟水」、120mg/l以上を「硬水」といいます。

簡単に言うと、カルシウムとマグネシウムの量が多い水は硬水、少ない水は軟水ということですね。

硬水はカルシウムを多く含んでいるので水が乾いた後に白い後=水垢がよくこびりつきます。


日本を含むアジアは基本的に「軟水」なんですが、イギリスは「硬水」の国です。

生まれ育った水と違う場所で生活することの何が問題なのかというと…

  • 水を飲むとお腹を壊す
  • シャワーを浴びると肌が乾燥する
  • 髪がパサパサになる

といったことが挙げられます。

もともと肌や髪が丈夫な人はいいと思うんですが、敏感肌の人にとっては死活問題

わたしはシャンプー選びにとても苦労しています。(海外暮らしの方はみんな当たる壁のようです)

これまで試したシャンプー

事前にイギリスに暮らす日本人のブログなどをガッツリ調べて渡英したものの、やっぱり合う合わないってあるんですね。おすすめ商品を購入しても合わなかったりなど問題がありました。

今回はお気に入りのシャンプーに出会うまでの徒然をお話したいと思います。


L'Oreal Elvive Extraordinary Oils(ロレアル)

ロンドンに暮らす日本人美容師さんがオススメと言っていたロレアルのエクストラオーディナリーオイルシリーズ。

渡英してすぐに購入し、使用していましたがどうも頭皮が痒くなったりフケがボロボロと出るようになってしまいました。わたしには合っていなかったようです…。

▼ちなみに現地の方にもかなり好評な商品なので試してみる価値はあると思います!
L'Oreal Elvive Extraordinary Oils Nourishing Shampoo Dry to Rough Hair 400ml - Boots

ヘアクリーム、ヘアオイル、コンディショナーもあり、それらは髪がツルツルになってとても良かったです。

▼Bootsのセールで買えば£2.5くらいで購入できます。

schwarzkopf(シュワルツコフ)

偶然お店で見つけたのがシュワルツコフ

シュワルツコフって日本の美容室でも取り扱ってるし、質がいいだろう!!

と勝手に思い込んで購入してしまいましたが(£2ほど)これが大間違い。かつて無いほどに髪がギッシギシになってしまいました…。

パッケージも商品名も覚えてないのだけど、よくよく考えたら日本で有名な「KUR」シリーズでは無かったと思います。

その後、街を歩いていてもよくシュワルツコフの商品には安価で出くわすので、イギリスではわりとメジャーで安価、身近なシャンプーなのかもしれません。

▼日本ではこれを使っていました。良かったんだけどなあ…KURシリーズはイギリスで見かけません。

シュワルツコフ BCクア ディープスリーク 150ml

シュワルツコフ BCクア ディープスリーク 150ml




Argan Oil of Morocco(アルガンオイルオブモロッコ)

Organix Shampoo Moroccan Argan Oil 385 ml (並行輸入品)

Organix Shampoo Moroccan Argan Oil 385 ml (並行輸入品)

渡英5ヶ月目にして出会ったのがこちら!!OGXの「Argan Oil of Morocco(アルガンオイルオブモロッコ)」です!

(パッケージにはこう書かれているけど、オンラインショップとかでみると商品名は「Moroccan Argan Oil Shampoo」と書かれています)

これまでのシャンプー難民からしたら本当に良い感じ。トゥルトゥルになって感動しています…。

▼こちらの記事を偶然発見し、CAさんがこんだけオススメしてるなら良いだろう!と思い買ってみましたが本当に本当に良かったです。

アメリカ発のオーガニックヘアケアブランドで、CA達の間で一番の話題になっているのがアルガンオイルのもの。私の住む寮にある薬局でも、アルガンオイルのシリーズが一番の売れ筋と言っていました。私のガシガシの癖っ毛もかなりしっとりします。持ち運びに便利な大きさなので、私はステイ専用でスーツケースに入れっぱなしにしています。
南アフリカ発のアイテムも!世界中を飛び回る現役CAが、2015年に購入した各国の厳選アイテム公開

▼1個£7くらいしてちょっと高めだけど、たまに2for£10とかやっているのでセール時に買うと安いです。買い溜めしておくのがおすすめです!
http://www.boots.com/search/ogx


他にもこんな記事がありました。日本未上陸だけど、世界で流行しているようですね〜。
まだあまり日本では見かけない?海外で人気OGXのシャンプー特集-カウモ

最近買ったもの

TRESemme

イギリスワーホリ・留学生の情報を探っていると「TRESemme」というブランドも人気!というのをちょこちょこ目にしました。

イギリスだけでなくオーストラリアワーホリ日本人にも人気みたい。

気になるな〜と思って街を歩いていたら偶然Bootsで£3セールをしていたので購入しちゃいました。

どうかな?OGXのモロッカンオイルのシャンプーより良いのかな〜…?

分かり次第またレポートしたいと思います!


おすすめの商品はこれだ!

Organix Shampoo Moroccan Argan Oil 385 ml (並行輸入品)

Organix Shampoo Moroccan Argan Oil 385 ml (並行輸入品)

イギリスのワーホリ・留学生に全力でオススメしたいのはOGXの「Argan Oil of Morocco」(アルガンオイルオブモロッコ)です!

これさえ買っておけば酷いことにはなりません。(断言)

渡英したらBootsかSuperdrugに行って値段をチェックして購入しましょう!


こんな記事も書いてます