きみとイギリス暮らし

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きみとイギリス暮らし

イラストレーターkimixのイギリス留学&ワーホリブログ

今年一番、心に響いた曲。

「いつだってわがままばっかで子どもみたいね」「君だってないものねだり何がほしいの、教えて」

ないものねだり

ないものねだり

軽快なメロディと、この「ないものねだり〜」という歌詞が心にビビッときた。だってさ、まさに私自身なんだもん。

この歌は男女の会話で物語が進んでいく。どれも身に覚えがあることばかり。聞けば誰もがドキッとするんじゃないかな、って思います。

たしかKANA-BOONがこの曲をリリースしたときはまだはメジャーデビューしてなかった気がする。

昼下がりのラジオからゆらゆらと流れてきて、思わず近くにあった紙にボールペンで曲名を走り書きをした。その後、YOUTUBEで調べて何度も何度も何度も聞いて口ずさんでいた。ゆらゆらゆらゆら。

 

夏に東京で行われる「メトロックフェス」に行ったとき、KANA-BOONの生演奏をはじめてきいた。ステージは一番小さいところ。でも、メンバーはすごく嬉しそうで悔しそうで、わたしもすごくいろんな感情で心が湧き踊った。

 

アルバムも出してメジャーデビューした途端、一気に売れ出したみたいで、今この曲を知ってる人が多いかもしれない。

わたし的にはちょっぴりさみしい気持ちもあるけど、もっともっとテレビやラジオで耳にすることが増えるといいなとも思う。

 

「来年はぜったい向こうのステージで会いましょう」

そう言って一番大きいステージを指差したボーカルの人の目が印象的だった。きっとすごく悔しかったんだろうな。だから、今こうやって爆発的に売れていて規模は全然ちがうけど同じクリエイターとしてわたしはすごく嬉しい。

 

KANA-BOONとはその次の年、一番大きなステージで再会することができました。有言実行、かっこいいですね。

 

 

ということで、初のお題にチャレンジ。〈私のマイベストソング2013
明日は楽しみなことがあって、久しぶりにワクワクしています。それではみさん良い夢を。おやすみなさい :-)

 

今日のBGM:
KANA-BOON/ないものねだり