読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イラストレーターkimixの #イギリス暮らし

ワーホリ・留学・YMSでイギリス住むイラストレーター・デザイナーkimixが現地での暮らし、ファッション、流行・トレンド、留学、ワーホリ・ワーキングホリデー、イギリス英語などの情報についてお届けします。

イギリスのワーキングホリデー(YMS)と応募方法について

ワーホリ・留学 ワーホリ・留学-準備


f:id:kimix:20160124195536p:plain

イギリスのワーキングホリデーとは

イギリスのワーキングホリデー、通称YMS(Youth Mobility Scheme)。ワーキングホリデーは全般的に「休暇もできるし就業もできる」といわれていますが、イギリスだけは少し異なり、「ホリデーではなく就労のためのビザ」と言われています。なので「働くこと」をメインとしたVISAになっています。

ワーキングホリデー制度がある8ヶ国の特徴

f:id:kimix:20160125232548p:plain
f:id:kimix:20160125232604p:plain
参考:ワーキングホリデー:留学タイプで選ぶ | 留学プランネット

国によって制度もさまざま。1年のワーキングホリデーで学校に行ける期間が少ないから事前にフィリピン留学で英語を勉強してから行く!という人もいるみたいです。がっつり時間に余裕がある人はそういった選択もありですよね。

YMSビザの特徴

  • 最長2年の滞在が可能(2016年度)
  • フルタイムの就労が可能
  • 期間の延長・在留資格の切り替えは不可
  • 日本国外での申請が可能(イギリス国内での申請は不可)
  • 扶養する18歳未満の子供をつれて渡英はできない
  • パートナーを連れていけないが、各自に在留資格があれば可能
  • 以前にワーキングホリデー・YMSビザを取得したことがある方は不可
  • EU国籍以外でもインターンシップに参加出来る

他国と違うポイントは「就学期間に制限がない」「2年滞在できる」「フルタイムの就労が可能」「定員1,000名の抽選式」というところです。

例えばオーストラリアのワーホリで語学学校に通おうと思ったら4ヶ月しか通うことが出来ません。また、同じ雇用主のもとでは6ヶ月しか働けないようです。

抽選方法について

2016年の抽選方法は「イギリス大使館に指定された内容を記載したメールを送信する」というとてもシンプルなものでした。その後、当選者のみ発表日に抽選結果の返信メールが来ます。

※2015年までは当選者のみ後日結果が送られてくる形式でしたが、2016年からは落選結果も送られてくるようです。

申請方法
2016年度Youth Mobility Schemeの申請を希望される方は、日本時間2016年1月11日(月)12時 (正午) から2016年1月13日(水)12時 (正午) の間に、EメールをYMS2016-APPOINTMENT@vfshelpline.com 宛てに1通のみお送りください。メールの題名にはパスポートと同じ表記の申請者氏名、生年月日およびパスポート番号を必ず明記してください。


▽Youth Mobility Scheme 2016(イギリス大使館公式ページ)

2016年のYMS応募日程

  • 募集期間:2016年1月11日(月)12:00〜1月13日(水)12:00まで(2日間)
  • 当選結果:1月20日(水)までにメール通知
  • 落選結果:1月22日(金)までにメール通知

応募完了後

Eメールをお送りいただきありがとうございます。2016年度Youth Mobility Schemeへの応募を承りました。

抽選で選ばれた方には、1月20日水曜日までにYMS2016-SUCCESSFUL@vfshelpline.comより当選Eメールが送られます。また、抽選で選ばれなかった方には、1月22日金曜日に落選Eメールが送られますのでご確認ください。

応募メールを送ったあと、このような内容が記載されたメールが自動返信で送られてきました。

メールを受信したら無事応募完了したよ、ということ。メールが来てない場合はメールアドレスを間違えてるかもしれません。お気をつけて!

噂によると倍率は20倍〜30倍。PCによるランダム抽選なので受かるか落ちるかは本当に運次第のようです。(ちなみに昨年は落選してしまいました…)

応募メールの書き方

・件名:
YAMADA Taro - 31/01/1999 - TR000000(パスポート番号)
・本文:
Name : YAMADA Taro
Date of birth : 31/01/1999(日/月/年)
Passport Number : TR000000(パスポート番号)
Country to submit the application : JAPAN
Home and mobile phone number : +81 00-000-0000(home), +81 00-0000-0000(mobile)

わたしが今回注意したこと
  • Gmailの差出人名を半角英字で表記する
  • 電話番号は国際番号表記にする
  • 各電話番号に(home)(mobile)の表記をつける
  • シンプルに必須項目のみ記載する

前回は英文も添えてメールしてみましたが、シンプルに必須事項のみ記載して当選したという人もいたので何も書かずに必須項目のみ送信しました。

1番大事なのは差出人名を英字表記にするということじゃないかな。

差出人名が日本語だったり、全角英語がまざっていると海外のPCでは文字化けしてしまう恐れがあるので気をつけて下さい!

メールの送信先はイギリス大使館です。応募完了メールや合格通知のメールを見たところ、基本は英文で記載されている日本語のfontがちょっと崩れていました。

なので、もしかしたら受信処理をしているのは海外のPCなのかもしれません…!

いくらPCによるランダム抽選だとはいえ、きっと文字化けメールはそもそも抽選リストから対象外になるんじゃないかな…と思いました。

まとめ

・国によってワーキングホリデーの制度に違いがある
・イギリスのワーキングホリデーは定員1,000名の抽選式
・毎年、応募期間が決まっている
・応募メールは必須項目のみでOK!
・半角英字表記にすることが大切!

参考

▽毎年、最新情報をわかりやすく紹介してくださっているのでとても参考になります!