きみとイギリス暮らし|とあるイラストレーターのワーホリ・留学・海外移住ブログ

とあるイラストレーターのイギリス ワーホリ(ワーキングホリデー)と留学・海外移住についてのブログ

初めて日本人と出会った日

{ 30 November, 2016 }

学校がはじまって3日目。SpeakingとListening本当にできない。ポーランド人の女の子が話しかけてくれるものの、会話が続かず撃沈。

それでもクラスメンバーはとても優しくて、Break timeの30分間は必ずコーヒーに誘ってくれる。

みんなでカフェに行ってコーヒーを買って、学校のロビーにあるソファーに座っておしゃべりをするのがお決まりのコースのようだ。

こちらではStarbucksよりNEROというカフェのほうが人気のようでみんな好んでこちらに行く。わたしも一緒についていってみたけど…違いはよくわからなかった。笑


ロビーのソファに座り、Argentinaの女性、Estelaと話しているとなんと40歳ということが判明。Estelaはとても優しくて、いつも笑顔で、たくさん話しかけてくれる。まるで母親のようで(13歳の娘がいるらしい!)大好きなクラスメイトの1人。

Estelaによると学校にはもうひとり、日本人がいるらしい。

実はわたしの姉が過去にこの学校に通っていたのだけど、そのとき姉が知り合ったのがこの日本人の女性だった。姉づてに連絡をしてもらっていたので、会いたい!と思っていたらなんと偶然にも放課後、廊下でばったり出会うことができた。


全く日本人がいない土地で初めて日本人に出会えた安堵感からか、その女性に会った瞬間ボロボロと落ちる涙。


これまで張り詰めていた緊張の糸が一気に解けたみたいだ。自分が思っていた以上に、わたしは気が小さくて、緊張しいで、弱い人間なんだなあと改めて感じた。



この方も40歳の女性なのでまるで母のように優しく、でも、日本人同士でつるむこともなく一定の距離を保って接してくれる。嬉しいなあ。

ボロ泣きのわたしを見かねてか、まだ歩き慣れてない街の散策に誘ってくれ、この街で1番有名な大聖堂のまわりをお散歩しながらいろんな話をした。今後のこと、いまのこと、家族のこと。


落ち着いたところでクリスマスマーケットに出たので、そこでさよならをする。

1人で少し歩いて、帰宅。やっぱり今日も疲れてすぐに寝てしまった。





: kimix :::