きみとイギリス暮らし|とあるイラストレーターのワーホリ・留学・海外移住ブログ

とあるイラストレーターのイギリス ワーホリ(ワーキングホリデー)と留学・海外移住についてのブログ

イギリス・ワーキングホリデーの海外保険はNHSだけ?ベストなワーホリ保険を比較してみた

f:id:kimix:20160510173206j:plain

さて、今回はイギリスワーキングホリデーの準備についての記事です。

これからワーキングホリデービザ(YMS)を取得するまでに困惑したことや取得までの手順をまとめて更新しようと思います。

今回のテーマはワーホリ保険について。

YMSワーホリ準備隊のみなさん!保険、加入しますか?しませんか?渡英した方は保険加入しましたか?どんな保険ですか…?

YMS渡航者はNHSという制度に加入必須になったことによって、現地の医療費が無料になりました。じゃあどういった保険に入るべきなのか?わたしは準備をする上でそれが悩みの種になっていたので調べた結果をまとめます。

イギリスワーホリはNHSの加入が必須

まず、イギリスにワーキングホリデーに行く人は、2015年4月6日以降のビザ申請から現地の国民健康保険National Health Service、通称「NHS」への加入が必須になりました。

NHSとは?

  • NHSはイギリスの政府が運営する保険サービス
  • 加入料金は2年で£300(ビザ申請時に支払う)
  • NHSに加入すると無料で診察を受けられる(歯医者以外)

NHSは加入必須なので料金の支払いは決定事項なんですが、この保険でカバーされるのは病気のときだけ。

つまり医療費のみ無料になるんですね。

じゃあ、他の海外保険にも加入したほうがいいのか?と思ったので調べてみました。


ワーキングホリデーでNHS以外に海外保険に加入したほうがいいの?

調べてみると海外旅行保険きはワーホリプランというものがあり、それに加入している人が多く見受けられました。

海外保険に加入するメリット

  • 大怪我・死亡したときの治療費等がカバーされる。
  • ロストバゲッジに合ったときに保証される。
  • 盗難された時も返金されるなど保証がある。
  • ステイ先・寮・借りたフラット等で何か物を壊した時に弁償保証がある。
  • 親戚が亡くなるなどしたとき、緊急一時帰国費用がカバーされる。
  • ロンドン市内には日系病院がいくつかあり、保険に加入していれば保証内で日本人医師による日本語の診察が可能。

保険に加入するデメリット

  • 料金が高額(14〜20万/1年)
  • NHS加入が必須になるので、医療保険がダブル加入になってしまう。


会社によって医療保険はダブル加入になってしまいますが、盗難が多いと言われている海外でもし盗難被害にあった場合、被害が保証され返金されます。

実際、わたしの知合いでパソコン(MacBook Pro 約30万)を盗まれたたけど8割ほど返金されたという方もいました。不安のない生活を送るために、安心をお金で買うといった感じでしょうか。

海外保険に加入します。

わたしは30万近くのPCを持ち運びますし、住宅も賃貸で暮らす予定です。また、祖父母が90歳代と高齢のため緊急一時帰国の可能性も考えられるため、海外保険に加入することを決めました。

加入するなら「保険会社」はどこがいいのか?

加入することは決めましたが、じゃあどんな保険があるのかな?と「ワーホリ 保険」とちょっと検索しただけで山のように出てきました…。

ひええと悲鳴をあげつつ探してみたら、保証内容を自分でカスタマイズできる会社もあるようです。

  1. タビホ(ジェイアイ損害火災)
  2. AIU
  3. 損保ジャパン

色々調べましたがこの3つの保険会社が有名で、ワーキングホリデープランもあり、ワーホリ渡航者によく使われている保険なのかなと思います。

各社のワーホリ保険を比較してみた

(1)タビホ(ジェイアイ損害火災)

  • 医療保険は外せない(その他はカスタマイズ可能)
  • 最安値:14万3,210円/1年

医療保険は保険適用から外せないものの、他をいじってみても最低14万円はかかりそうです。

(2)AIU

  • 医療保険も含まれている(カスタマイズ不可)
  • 最安値:19万6,100円/1年

(3)損保ジャパン

  • 治療費なしタイプ
    • 最安値:4万4,340円/1年
  • 治療費ありタイプ
    • 最安値:21万1,390円/1年


ワーホリ保険まとめ

保険会社 料金(1年)
タビホ 14万3,210円
AIU 19万6,100円
損保(治療費なし) 4万4,340円
損保(治療費あり) 21万1,390円
最安値は損保の治療費保証なしプラン

最安値は損保の治療費保証なしプランです。

でも、治療費保証も他の保証もすべて含まれていて安心&安いのはタビホでした。

全体的にAIUはすこし高めです。

「NHSあるから治療費なしプランでいいじゃん!」と思っていましたが、NHSは国営の病院でしか保険が効かないそうなのでもちろん日本人の医者も少ないでしょう…。

なにか緊急時に英語で説明できるほど英語力がないわたしはとても不安です…!

あと救急車で緊急搬送などされる大事になった場合、過剰請求もされるらしいです。それこそ数百万になるんだとか…。


結論:

  • 渡英時から英語ペラペラな人は損保の「治療費なしプラン」がベスト(安いし!)
  • 英語ができないひとは「タビホ」のワーホリプランで自分に合ったカスタマイズをしたほうが良さそう

日本語が通じるロンドンの病院一覧

NHSは国営の病院でしか無料で治療を受けられないと書きました。

ロンドンには日本語が通じる私営の病院があるようです。

しかしこれらはすべてプライベート病院。NHSは使えないので無料ではありません。が、日本の方に診察していただけます。

もし深刻な状態で自分で動くことができるのであれば、コチラに電話したり行ってみると良いかもしれません。

ロンドン医療センター
  • 電話: 020-8202-7272 (電話受付は8:00~22:00)
  • 住所:234-236 Hendon Way, London NW4 3NE
  • Web:http://www.iryo.com
One Two One 121 日本人クリニック
  • 住所: 121 Harley Street, London W1G 6AX
  • 電話: 020-7935-0523
ジャパン グリーン メディカルセンター シティー本院
ジャパン グリーン メディカルセンター アクトン診療所
  • 電話: 020-7330-1750 (シティー本院と共通)
  • 住所: Unit7, Acton Hill Mews, 310-328 Uxbridge Road, London W3 9QN
  • Web:http://www.japan-green.com
日本クラブ診療所 北診療所
日本クラブ診療所 南診療所

保険に加入するタイミング

保険会社のサイトを見ると「3ヶ月前〜当日までに契約する」と書かれているところが多いですが、登録フォームにはビザの番号を記入する欄などもあるためビザが正式に発給されてからの契約が必須のようです。

ワーホリで必要な保険まとめ

わたしは英語力が心配なのでNHSだけでなく医療保障付きの海外保険ワーホリプランに加入することを決めました。
ということで、ビザが正式に発行された後、保険料が1番安い「タビホ」のワーホリプランに加入しました(^-^)


この記事がみなさんのお役に立てれば幸いです。

ではでは〜。See you next time! :)


kimix