きみとイギリス暮らし

とあるイラストレーターのイギリス ワーホリ(ワーキングホリデー)と留学・海外移住についてのブログ

【映画】「What If (もしも君に恋したら。)」不器用男子とサブカル女子の恋物語。

What If [Import anglais]

もともと映画好きというのもありますが、こちらに来てから空いた時間はリスニング向上のため必ず英語字幕の英語音声で映画を見るようにしています。

さて、最近は「What If」というカナダ映画を見ました。邦題は「もしも君に恋したら。」

ジャンルは恋愛映画ですが、しっとりした感じではなくちょっぴり過激な下ネタも入っていてコメディ要素が満載なので笑って楽しめます。

「500日のサマー」や「ルビー・スパークス」が好きな人にオススメ!


あらすじ

もしも君に恋したら。 [DVD]

もしも君に恋したら。 [DVD]

ハリー・ポッター」シリーズのダニエル・ラドクリフと「ルビー・スパークス」のゾーイ・カザン共演で描いたロマンティックコメディ。

カナダで暮らす元医大生の青年ウォレスは、恋人の浮気現場を目撃して以来、引きこもりがちな生活を送っていた。そんなある日、親友アランに誘われて嫌々ながらもパーティに参加したウォレスは、そこで出会ったアニメーターの女性シャントリーにひと目惚れする。

しかし、シャントリーには既に同棲中の恋人がいた。その後、偶然にも再会を果たしたウォレスとシャントリーは成りゆきで食事をすることになり、意気投合。友だちとして付き合うようになるが……。

共演に「フランシス・ハ」のアダム・ドライバー。「フランキー・ワイルドの素晴らしき世界」のマイケル・ドースが監督を務めた。*1


感想

実は、ハリー・ポッター以外ではじめてダニエル・ラドクリフくんの映画を見ました。ダニエル・ラドクリフといえば”ハリー”の印象が強いし、ハリーが恋愛してる感じに見えちゃうのかな?どうなんだろう…?と不安に思っていたけど全くそんなことなかったです。

ダニエルの低身長がナヨナヨ〜っとした草食系男子の役に良いスパイスを与えていて、かなりピッタリな役でした。


ヒロイン役のゾーイ・カザン(Zoe Kazan)もめちゃくちゃかわいい。特にファッションが可愛い!!

映画の要所々々に入ってくるアニメーションもかなりいいです。


ストーリーの内容は恋人のいるゾーイになかなか気持ちを伝えられないダニエルくんの曖昧な感じがかなりもどかしいですが、そのもどかしい感じにぐいぐい惹き込まれてしまいます。

原題「What if」の意味を考えれてみた。

原題である「What if」は「何かが起こるかもしれない」または「起こる可能性が低かったり、あり得ないような妄想話」をするときに使われます。

「What if」は「もしある出来事が起こったらどうするの?」を意味し、何かが将来に起こり得る可能性を示唆する時に使う表現です。

「What are you going to do if _____?(〜が起こったらどうするの?」や「What should I do if _____?(〜が起こったら私はどうしたらいいの?」といった表現を簡潔にした便利なフレーズです。

「What if」は、実際には起こる可能性が低かったり、またはあり得ないようないわゆる妄想話をするときにもよく使われます。例えば、友達に「もし宝くじが当たったらどうする?」と聞く場合は「What would you do if you won the lottery?」となります。*2

このタイトル、かな〜り話の内容にしっくりきていて良いタイトル付けるな〜と感心してしまいました。


彼女には恋人がいる。でも僕は彼女が気になっている。でも彼女には友達ね!と言われてしまった。「もし、ぼくが君を好きだと言ったら、どうする?」その先に未来はあるのかな?それともこれってあり得ないような妄想話…?


どっちの可能性もあるようにとれるこのタイトル、いやはや本当に素晴らしい。

ルビー・スパークスや500日のサマーが好きな人には刺さる映画なんじゃないかな〜〜〜と思っています。

ここ最近でイチ押しの映画なので、気になる人はぜひ見てみてくださいね。

Odai「最近見た映画」