きみとイギリス暮らし|とあるイラストレーターのワーホリ・留学・海外移住ブログ

とあるイラストレーターのイギリス ワーホリ(ワーキングホリデー)と留学・海外移住についてのブログ

{ イギリス生活6ヶ月目 } 警察沙汰になり原点に立ち戻る。そして最後には…

https://www.instagram.com/p/BTsHq0KFk-L/

4ヶ月目・5ヶ月目と更新し、やっと現在に追いつきました。イギリス生活も2017年の5月末で6ヶ月が経過。

思うようにいかないことの連続で心がくじけたこともあり英語力がガクンと落ちてしまったことも痛感させられています。


▼ゴタゴタあった5ヶ月目の振返りはこちら

6ヶ月目のふりかえり(4/27〜5/26)

できたこと

学校スタッフさんと面談し、休暇をもらうことに。

学校に向かうことが怖く、外国人と英語を使って話すことも恐怖となり、家の周りを歩くことしかできなくなってしまっていましたが何度もスタッフの方とメールでやり取りをし、ついに学校に行くことが出来ました。2週間ぶりの学校です。

朝から準備して、でも心が追いつかなくてダメで何度も行くのをやめようとしたけどここで諦めたらダメだと言い聞かし、やっとの思いで到着した頃には午後3時を回っていました。

このスタッフの方がとにかく優しく、わたしの心の支えとなってくれました。今回は月の振返りまとめなので詳細はまた今度。

とにかく、スコットランドは寒いし天気も悪いから心が落ち込む(depression*1)そんな人が多いのだとか。だからこういったことは日本よりもっとオープンに話すし、病院にいってとにかく元気になる薬を処方してもらう人がたくさんいるから安心してね、とのことでした。

わたしが心配していたお金のことや学校退学になるんじゃないかという不安も解消してくださり、「あなたのビザは学生ビザと違って学校に期限がないから、とにかく今は学校を休んで大丈夫だよ。」と言ってくれました。

このスタッフさんと話して、英語が理解できたこと人の優しさに触れたことずっと不安だったことが解消されたこと、この3つがわたしにとってとても大きかったです。

「楽しい気持ちになってから英語を勉強したほうが、もっとたくさん友達もできるから今は気持ちが前向きになるまで休んでみてね」ととにかく優しいのです。よかった、、本当にこの方と出会えてよかったです。

そして少しお休みをしよう。今度は学校に行かなきゃと不安で怯えること無くちゃんと休もう、と思えるようになりました。5月1週目のことです。


英語のポートフォリオサイトを作成した

きちんと休めるようになったものの、やはり焦りがたくさんありました。ずっと家にいても仕方がないし、どうしよう、どうしたらいいんだろうと。

イギリスに来てから何がしたかったのか原点に立ち戻ったところ、わたしは仕事を得に来たのだと気づきます。当たり前のことなんですが学校に通うだけで精一杯になってしまっていました。目標を見失っちゃダメですね。

ということでその一歩を踏み出していこう、という気持ちに。

まずは仕事探しで必要な英語版のポートフォリオサイトを作成しました。

自分の自己紹介文なども英語で書くため、英語に触れ直す良いきっかけになったし、なにより楽しかったです。

フリー写真素材サイトをリリースした

撮る写真を褒めていただくことが多いけれど活かし方がわからず、でもPC内で眠っているだけなんてもったいないなあとずっと思っていたのです。

実は11月頃からフリー写真素材サイトをつくる構想は練っていたのだけどなかなか時間がとれず作れていませんでした。

こうやってお休みが取れるなんて「今しかない!」という気持ちになり、3日ほどでサイトを作りました。

公開したところ驚くほど大きな反響を頂き自分でもビックリしています。

なんと告知ツイートは5,000RTを突破…!

ちまちま更新しているのでぜひ覗いてみてください。


学校に復活した

面談後、2週間ほど学校を休みました。心がかなり復活し「はやく行きたい!授業を受けたい!」と思えるまでに回復しました。

たまたま入ったカフェの店員さんが優しかったり、道端で人が話しかけてくれたり、着ていた服を褒めてくれたり、そんなイギリス人の優しさに触れてやっぱり英語が話したいなと思えるようになり、ついに学校に行くことを決めました。

ちょうど、渡英半年目の週でした。


友達がとにかく優しかった

私のクラスまで友達がわざわざ会いに来てくれたり、ランチに誘ってくれたり、みんなが優しくて本当に嬉しくて、泣いてしまいました。


思うようにいかなかったこと

警察沙汰になった

もう本当に恥ずかしいのですが学校と連絡はとっていたものの学校まで姿を見せないことを心配したスタッフさんが警察に連絡し、さらに日本総領事館まで連絡が行き、そこから実家まで連絡が行き渡りました。

もう穴があったら入りたいくらい情けなかったし、大泣きしました。こんなアホみたいなことになったの日本人でもわたしくらいなんじゃないでしょうか…。

身元確認のために警察がわたしの家にやってきて、事なきを得ましたが。。本当に色んな方に迷惑をかけてしまい情けない気持ちでいっぱいです。ごめんなさい。。。

後々、日本総領事館の方とお話をして知りましたが、やはりスコットランドでは天候・日照時間などの関係で気が滅入ってしまい行方不明・自殺などしてしまう人が多いそうなんです。なので学校側も最善の注意を払っているとのことでした。

英語力がガクンと落ちた

久々に学校にいってみたら英語がぜんぜん離せなくなってしまったことに気が付きました。とてもショックです。

あんなにおしゃべりだねえ!と人に言われていたのに。今では全然話せなくなってしまいました。


でも、深く考え込まないようにして、ここから再出発だ!と考えるようにします。


6ヶ月目のまとめ(4/27〜5/26)

https://www.instagram.com/p/BUURDd6Fvd_/

お休みしている間に英語力が落ちてしまったけど、このタイミングでフリー写真素材サイトをリリースできたこと・反響が良かったことはすごく大きかったのかなと思います。

そりゃ1ヶ月も英語に触れなかったら喋れなくなってしまうのも当たり前よね。

でも自分が生み出したものを色んな人に評価をしてもらえたのは素直に嬉しかったし、自信に繋がりました。いまでも心の支えになっています。



ということで、警察沙汰になるという衝撃的なこともあったけど、安息を取り戻し、最後には復活できた6ヶ月目でした。

いまは7ヶ月目に突入しましたが、優しい友達と楽しい毎日を送っています。やっぱり勉強は難しいけど、ああ本当に良かった。




7ヶ月目の振返りもお楽しみに!月末更新予定です。それでは〜!

*1:「I feel so depressed」=気が滅入ってます、気持ちが落ち込んでいます という意味。