きみとイギリス暮らし

とあるイラストレーターのイギリス ワーホリ(ワーキングホリデー)と留学・海外移住についてのブログ

イギリス流、お家(シェアフラット・シェアハウス)の借り方&探し方とおすすめの時期

Knut & Betty's place - Bronte, Australia


いろんなブログに書かれていると思うんですが、わたしはイギリスでこうやって家を見つけたよ、という話を書き記しておきたいと思います。

わたしの場合、ロンドンには住んだことがなく地方都市を転々としているので日本人コミュニティのなかから家を借りるということはできない状況でした。


シェアフラット・シェアハウスを借りる大まかな流れ

  1. WEBサービスに登録する
  2. 条件を選択し、物件を検索する
  3. 気に入った物件にコンタクトをとる
  4. 内見する
  5. 契約する
  6. Depositと家賃を支払う
  7. 引越す(入居する)

イギリスのお家(シェアフラット・シェアハウス)探しは日本と違って仲介エージェント(suumoとか)を通さずにwebサイトを使って直接大家さんとコンタクトをとり、家を決めるのが一般的です。

そして大家さんも空き部屋が出そうなときはWEBサイトに写真や説明を記載した広告を載せるので、そこに直接コンタクトをとって内見・契約をする、といった流れになります。



1.WEBサービスに登録する

ロンドン以外にも対応

spare room ★オススメ
https://www.spareroom.co.uk/

gumtree
https://www.gumtree.com/

Right move
http://www.rightmove.co.uk/


ロンドンなら

mixB
http://www.mixb.net/

move flat
http://www.moveflat.com/



わたしは前述の通りロンドンではない場所に住んだので日本人コミュニティで有名な「mixB」は使っていません。

「gumtree」で何度かコンタクトをとりましたが全然返事がありませんでした。gumtreeは詐欺も多いので気をつけて、とも言われたことがあります。

学校に借りるコツなどを聞いたとき「Rightmove」を教えてもらいましたが、私は結局「spare room」でお家を見つけることができました。

spareroomはすぐに返事もかえってくるし、失敗も無かったし、おすすめです。

2.気に入った物件(シェアフラット・シェアハウス)にコンタクトをとる

spare roomは「Early Bird Access」といって、お金を払った人は最近公開された住宅に優先的にコンタクトがとれるというシステムがあります。

f:id:kimix:20170829011403p:plain


価格は記載されている通りこんな感じです。

  • 28 days £23.99
  • 14 days £16.99
  • 10 days £10.99

死ぬ気で探せば1週間で家は見つかると思いますが、それ以前にアポを取ったりなどしないといけないので14daysあれば安心かなーと思います。

大家さんへのメッセージ例

Hello, my name is ◯◯.

I'm interested in your room which I’d like to rent for min 3 months. Could you arrange my viewing next week if it is still available?

My Bio : △△ years-old, Female, Japanese, non-smoker, quiet, clean person.
I’m a Web, Graphic Designer & Illustrator. Currently, I'm an English language school student.

I'm looking forward to hearing from you.

thanks,
◯◯
000000000 ( tel )

こんな感じでメッセージを送りました。もっと短文でも良いかと思うんですが、「BIO」をつけて簡単に自分の説明をしておくとスムーズでした。とくにnon-smokerとかquiet、cleanって書いておくと反応が良かったです!





3.内見をする

そうこうすると1日以内に大家さんから「じゃあ月曜の14時はどう?」ってな感じで返事が来るので、住所等おしえてもらった後、指定日時に直接伺いましょう。

1人で内見は危ないとよく聞きますがわたしは8件くらい1人で内見いきましたが大丈夫でした。(シェア相手を女性に絞っていたからかもしれません)

内見での注意事項

注意事項をまとめておきます。

  • 清潔感のある服でいきましょう(第一印象大切)
  • 疑問点は紙に書いてまとめておくと楽です
  • 内見は夕暮れまでに済ませましょう!(暗くなると危険かも)
お家でチェックするポイント
  • 風呂トイレは清潔か
  • シャワーの勢いは強いか
  • キッチンは清潔か
  • バス停・駅までの距離
  • 家の周りの雰囲気は明るいか


こんな感じに気をつければ大丈夫かなと思います。

わたしは絶対決めるぞ!と意気込んで月〜金まで内見2・3件いれて毎日回って、すべての家に「週末(土日)に返事をするから待ってください!」とお願いしていました。

大家さんも週末までなら待ってくれます。

なのでいろんな家を比べて見て回るためにも、この1週間技はわりと有効なんじゃないかなって思います。


4.契約

気に入ったお家がみつかったら契約書をかわして、契約をします。

大家さんがしっかりしているときちんと書面をつくってくれますが、口約束の方もいます。

もし口約束だとしても「Depositは返却されるか?」という点はしつこく確認して書面に残しておくことを強くオススメします。

現にそれで揉めている友達を何人か見ました。



Untitled

家探しは「8・9月」を避けろ!

9月から新学期のイギリス。

大学に入学する新入生たちは9月に向けて夏から家探しを始めます。

出遅れた人は9月の新学期直前から探すそうですが、どちらにせよ8〜9月は上記に載せたwebサイトから物件が消えると言われるくらい空き部屋も秒で埋まります。

さらに言うと1日何十件もコンタクトがくる大家さんもそんな状況で「英語がおぼつかないアジア人」と住むより、「英語が堪能なイギリス人」とシェアしたいですよね。

そういったことから、8〜9月はわたしたちにとってdisadvantageな状況なのです。。

ほかにも12月の年末も難しいのかな?と思います。まずどの家もクリスマスホリデーで外出していて内見を受け付けてないところが多いとか。

ということで家を探すなら8月・9月は避けましょう!




以上です。ちょっとは役に立つといいのですが………。

他にもお家探しで何か気になることがあればぜひお気軽にコメントしてみてください。追記したいとおもいます ;)