きみとイギリス暮らし|とあるイラストレーターのワーホリ・留学・海外移住ブログ

とあるイラストレーターのイギリス ワーホリ(ワーキングホリデー)と留学・海外移住についてのブログ

{ English Diary } Joined the Pride parade for the first time.

https://www.instagram.com/p/BXnHaObl0Du/

I joined the Pride parade for the first time.

In August, fortunately, I was able to join the LGBT festival in Brighton. Many LGBT people joined the festival who kissed and hugged each other on the street and everywhere. It was an extremely wonderful atmosphere.

Actually, I've been interested in LGBT people since I was a teenager. After that, I studied about sexual minorities at the university. I'm not a sexual minority person but when I was a secondary school student, some friends told me that they were in the sexual minority and they had a lot of problems in Japan. Therefore, I've known that they sometimes don't feel free to love.

I imagined how LGBT people feel for the festival because I had thought that some LGBT people usually could not express their love in the public places and possibly in their lives. So, I was so happy to know that they can finally feel free to express love everywhere in the festival.





プライドパレードというLGBTの祭典があってちらりと参加してみたよ。世界中のおかまさん(?)やレズビアンたちが来てるのかなっていうくらいすごい賑わいでした。みんなレインボーカラーに身を包んで、男性はお化粧して、スカートやチュチュを履いていたりして。

(男性がチュチュを履いた姿をみて、映画「リトル・ダンサー」で主人公の親友が「実は僕チュチュを履いてみたいんだ」と打ち明けるワンシーンを思い出した)

リトル・ダンサー BILLY ELLIOT [DVD]

リトル・ダンサー BILLY ELLIOT [DVD]


それに、男性同士、女性同士が堂々と街中で熱いキスをしたりハグしたり手を繋いで歩いていて、わたしは見ているだけで涙が出そうでした。

だって普段そんなスキンシップを街中でしたら好奇の目にさらされてしまうから、ずっとずっと我慢してたんだろうなって、その人たちの日常を考えてたらいろんな感情が溢れて1人で泣きそうだったよ。


わたしはセクシャルマイノリティではないストレートだし、なんでなのかはわからないけど、昔から周りにLGBTの子がいてよく打ち明けられてきた人生だった。

だからLGBTについてはなんだか自然と興味があってよく調べてたのです。なのでこういった話は人より少し詳しいかもしれない。



イギリス内で最も多くのLGBTが住んでると言われてるこの街が好き。

ここはスーパーピースフルな街だなぁ🌈


もしLGBTについて興味があればぜひこの映画を見て欲しい。

どちらもセクシャルマイノリティにフォーカスした作品。

わたしはロランス [Blu-ray]

わたしはロランス [Blu-ray]

彼らがどれほど虐げられて、自分らしく生きにくい生活を送っているのか、そんな世界がすこし覗ける映画です。



\ 読者登録・フォローお待ちしております /