THE LITTLE ESCAPE

イラストレーターkimixのヨーロッパ旅行記、写真、日々のエッセイ

ついに!湯船にお湯をためて入ることができた!!(9ヶ月ぶり)

この記事は移転しました。約2秒後に新記事へ移動します。移動しない場合はココをクリックしてください。



ついに!

ついに!!!!


湯船に浸かることができました!!!!

バーン!




日本に住んでいたときは絶対毎日湯船に浸からないとスッキリしなかったし、週末は1時間以上ぼんやりしてたし、絶対にシャワーだけ浴びて終わりということができなかったわたし。


でもイギリスに来たら予想以上に湯船を見かけることが皆無で。。

お湯に浸かりながらマッサージをしたり、少し汗ばみながら半身浴をする…なんてことがとても恋しかったのです。


なんならわたし、湯船に浸かることで心の安定をはかっていたといっても過言ではありません。

お風呂は命の洗濯よ!なんて誰かが言っていたような…

ほんともうお風呂に入れないことは新たな修行なのかな?ってくらいつらかったです。人生でここまで湯船に浸からなかったのは初めてです。



そしてついについに今のお家を契約できて、実に9ヶ月ぶりの湯船に浸かることができました。

うわ〜〜おふろたのしい〜〜〜〜




お湯は満タンに溜められない!

このお家はお風呂場も清潔でほんとに嬉しい。

お湯に浸かるといってもイギリスでは一度に使えるお湯の量が決まっているので、浴槽に1/3程度にお湯をため、寝っ転がってお湯に浸かっています。

寝転び湯というやつです。(スーパー銭湯にあるこれ大好きでした)


※前に一度浴槽にお湯をためたらその後しばらく水しかでなくなり、寒い思いをしながらシャンプーをしたのでお湯に浸かりたい人は気をつけてね!

人のいない時間を見計らってお湯に浸かろう

お湯に浸かっていいかどうかちょっと不安だったんですが、臨時で同居された方が浴槽にお湯をためているのをみて、okと判断。

誰もいない時間を見計らってお湯に浸かることができました。


なぜ人のいない時間を狙ったかって?

イギリスはほぼバストイレ一体型なので、お風呂を使ってるあいだ誰もトイレに行くことができないのです。




のんびり湯に浸かりながらiknowもできるし…至福のひと時だ…


今度はイギリスのバスソルトなどお風呂グッズを試してみたいと思います(^^)


それでは〜〜

おふろだいすき (日本傑作絵本シリーズ)

おふろだいすき (日本傑作絵本シリーズ)