THE LITTLE ESCAPE

イラストレーターkimixのヨーロッパ旅行記、写真、日々のエッセイ

食の好みと、いのちのごはん

f:id:kimix:20190904204613p:plain

そういえばここ1〜2年で食の好みがガラリと変わった。

昔から白米はあまり好きではなかったけど、人と外食しない限り口にしない日が増えた。

海外で美味しいパンを口にしたからなのか、一生分の小麦粉は摂取したからなのか?パンも苦手になった。

パスタは、カッペリーニなら大丈夫。太くて、いかにもパスタ!という食感のものは避けるようにしている。

お肉は好き。でも前に比べたら魚を好んで食べるようになった。あと、野菜も好き。

お菓子はあまり食べない。チョコレートが苦手になった。ポテトチップスも。インスタント食品も苦手だ。

何を口にして生きてるんだろう?

いざこうやって文字に起こしてみると「じゃあ何を口にして生きてるんだろう?」と思えてくる。たまに普段何食べてるの?と聞かれるけど、自分でも何を食べてるんだろう?と不思議に思う。

フルーツや野菜を食べることが好きで、最近だとズッキーニとトマトを炒めて食べたりした。あと桃モッツァレラとか。料理は好きだ。

昔から食にとても興味があるタイプではなかった。でも、今は好みが限定されすぎてさらに興味を失ったような…逆にこだわりが強くて興味が強くなったような…。そんな感じでここ最近は生きている。

たんぱく質を補給するために

前にブログにもちらりと書いたけど、去年も今年も血液検査をした際に「たんぱく質が足りてない」と言われてしまった。

「食事から摂るのは難しいのでプロテインを飲むようにしてください」「臓器も、肌も、髪も、爪も、すべてプロテインでできてるんですよ」と先生に言われてからは気が付いたらプロテインを牛乳で割って飲むようにしている。

ミルキー味はたまに飲むと美味しい。でも毎日飲むには頭痛がしてくる甘さだ。

ビーレジェンド ホエイプロテイン ペコちゃん ミルキー風味1kg

ビーレジェンド ホエイプロテイン ペコちゃん ミルキー風味1kg

ジュースが苦手。でもプロテインはおいしい

実を言うと、幼い頃からジュースもあまり好きではない。炭酸も苦手なので飲み物は基本的にお茶か水。

そんな調子だからコンビニに入ってうろうろしても「これだ!」と思うものに出会えないことが多い。

でも、水やお茶には飽きた。甘いものが欲しい。ジュースもチョコレートも苦手。

そんなとき、プロテインを選ぶようになった。とくにザバスのバナナ味が美味しい。いくらでも飲める。他にはミルクやココアやレモン味があるけど、そんなに好きじゃない。


少し前から世間ではジムやパーソナルトレーニングをはじめとする筋トレがブームだ。その波に乗ってプロテインも小さなものから大きなものまでコンビニに置かれるようになった。こちらとしてはとても助かる。

とくに筋トレを意識している人でなくても、「いまちょっと不健康かも…」「食欲ないかも…」という人はぜひ健康や美容のためにプロテインを取ることをオススメしたい。

皮膚科の先生や内科の先生も勧めるくらいだからお肌にも髪にも健康にもとても良いと思う。ちなみにマルチビタミンも一緒にとるとなお良いそうです。






お酒を飲まなくなった

そういえば、あまり酔わない体質だというのもあって以前はお酒をたくさん飲んでいたけれど先日アレルギーが見つかって以来一切飲まなくなった。

たった1杯、それも200mlくらいで簡単にふわふわと酔うようになってしまったし、これを機に断とうと思ってる。もともと家でも飲まないし、大好きってわけではなかったし。

ちょっとゾッとすることも経験して、人生に必要なお酒なんて少量でいいんだなと思うようになった。嗜む程度、それが一番の良い。ほんのり火照って気分が高揚するのは気持ちがいいけれど、信用できる人の前以外では飲みたくない。






食事は作業にしてはいけないよ

24歳のとき、職場の人に言われた言葉が今も胸に深く突き刺さっている。

それまでのわたしにとって食事は作業だった気がする。お腹が空いたからとりあえず何か物を入れる。空腹を満たす作業。

昼も夜もコンビニ弁当ばかり続いたこともあった。それでも平気だった。それよりとにかく目の前に積まれた膨大な量のタスクを全て片付けたかった。

まあそんなんだから後々、身体を壊してしまうのだけど。



いまは食事を作業だとは思わない。

ただ、口に入れるなら身体に合うものを、と求めた結果がこれだ。我ながら極端な性格だなと思う。

いや、これまで聞いてこなかった本心に耳を傾けてやっと自分の趣味嗜好がわかってきたのか…も?


痩せて、肌荒れとは無縁になった

食生活がシンプルになって本当に必要なものだけ取り込むようにしてから体重はスルッと落ちた。肌も荒れることがなくなった。添加物が無くなったからかもしれない。

ただ、良くないこともあった。なんかこう、パワーが出なくなった気がしている。全身にちからが入らないというかなんというか…

あとお付き合いで食事することが続くと、普段摂取しないハイカロリーな食事からひどい胃もたれを起こすようになった。


転機はイギリス生活かもしれない

転機になったのはやっぱりイギリスに行ってからなんだよなぁ。食材にも敏感になるようになった気がする。

「あなたはイギリスに行く前と後では全く違う人になるよ」

偶然出会った占いや予言を生業としているのひと?にそう言われたことがあるのだけど皮肉にもその通りになったような気がする。


人と食べるお肉が一番の元気の源

いろんな原因はあると思うけど、なんだろう、お肉もぺろりと食べてどんなことにも活発だった以前のような底なしの元気さが今は懐かしいなと思う。

あの頃、実は毎週のように都内の焼肉屋や焼き鳥屋を巡っていた。

お肉を食べると精神面からもパワーが湧いてくるらしい。うーん。プロテインもいいけど、やっぱりお肉なんだよなぁ。



あ〜、なんだか焼肉が食べたくなってきた!

美味しいお肉をジュージュー焼いて食べたい。大好きな人といっしょに、笑いながら、他愛もない会話をしながら。

それが一番の活力になる気がする。


いのちのごはん〈新装版〉

いのちのごはん〈新装版〉



● 読者登録・フォローお待ちしております